日本遺産・壱岐 「古代ヤマトの海道」を訪ねる

日本遺産・壱岐

2015年4月 文化庁認定第一グループ
日本遺産の壱岐へおいでください。

文化庁PDFから壱岐・対馬 日本遺産認定の解説

≪国境の島壱岐・対馬〜古代からの架け橋〜≫

〈ストーリーの概要〉
日本本土と大陸の中間に位置することから,長崎県の島は,古代よりこれらを結ぶ海上交通の要衝であり,交易・交流の拠点であった。

特に朝鮮との関わりは深く,壱岐は弥生時代,海上交易で王都を築き,対馬は中世以降,朝鮮との貿易と外交実務を独占し,中継貿易の拠点
や迎賓地として栄えた。
その後,中継地の役割は希薄になったが,古代住居跡や城跡,庭園等は当時の興隆を物語り,焼酎や麺類等の特産品,民俗行事等にも交流の痕跡が窺える。

国境の島ならではの融和と衝突を繰り返しながらも,連綿と交流が続くこれらの島は,国と国民と民の深い絆が感じられる稀有な地域である。

古代歴史に多少詳しい方ならご存知の 天比登都柱
魏志倭人伝 一大國の壱岐
延喜式内社24座の壱岐
神功皇后伝説の多い壱岐
二度にわたる蒙古襲来
秀吉の朝鮮出兵

そのほか中世の歴史では学校の教科書でも何度かでてきますよね。

大和朝廷につながってゆく邪馬台国、その山の大国の前身は「海の大国・壱岐海人國」であったというのです。
高い山のない壱岐は人々が定住し子孫を増やす好適地だったようで、やがて交易、海賊行為で富を蓄え、財力、軍事力で強力な国家ができてようです。

もしかすると、あなたの御先祖様はこの壱岐の海・野山に生きた方かもしれません。

神社密度日本一、神々の島壱岐へ、どうぞお越しください。


壱岐勝本漁港・馬場先外港

日本遺産壱岐 落陽日本遺産壱岐 鯨組日本遺産壱岐 湯本日本遺産壱岐 海の桜日本遺産壱岐 壱岐のモンサンミッシェル日本遺産壱岐 元祖月読神社日本遺産壱岐 石仏群
日本遺産壱岐 女神の無人島辰の島日本遺産壱岐 鬼の足跡日本遺産壱岐 猿岩   日本遺産壱岐 筒城浜日本遺産壱岐 清石浜日本遺産壱岐 大浜 日本遺産壱岐 錦浜



岐観光情報「壱岐旅行計画」 サイトindexへ 0

リアルタイムの壱岐の美しさをダイジェストで

「壱岐旅行計画fb」 フェイスブックページです

壱岐観光は壱岐旅行計画 壱岐の町ごとの観光スポット案内

勝本の朝 湯ノ本の洛陽 湯ノ本温泉の夕日 海桜 辰の島